セーラー「どこでもシート」発売開始!

セーラー「どこでもシート」発売開始!

以前から取り扱いたかった、セーラー万年筆から発売されている「どこでもシート」を取り扱えるようになりました。

土橋 正さんがAll Aboutで、壁がホワイトボードになる「どこでもシート」と題して、詳しいレポートをされています。

また、ママこえクチコミ隊というサイトで、ママさん達が「どこでもシート」を徹底研究されています。

携帯できるホワイトボードシート「セーラーどこでもシート」
★この商品には、マーカーが付属していません。
★ご購入後、すぐ使えるように当店特別セットにいたしました。
★マーカーは黒・赤・青・緑の4色セットになります。
W600mm×20m巻き(800mmごとにミシン目が入っておりカット出来ます)
※カット寸法はW600×H800mmで25枚分
ベニイ電機特別価格¥3,300円(税込)

当店の売れ筋商品のひとつ「フリーボード」と同様なコンセプトの商品ですが、 決定的な違いが2点ほどあります。

フリーボード10枚セット FB0210 マーカーペン・イレーザー付属
1枚の大きさ 600mm×830mm (10枚入り)
フリーボード専用のマーカーペンとイレーザーが付属しています。
付属のマーカーがきれいに書けない可能性がありますので「国産マーカー(黒)」を
1本無料で同梱してご提供させて頂きます。
ベニイ電機価格¥2,940円(税込)
★どちらの商品も静電気で貼り付くホワイトボードシートなのですが、形状・パッケージに微妙な違いがあります。
どちらを購入したらいいのかお迷いの方へ~~~

両者の特徴をまとめておきます。

「フリーボード」は既にカッティングされた600mm×830mmのシートが10枚、筒状のケースに入っています。
また、マーカー、イレーザー、リフィール、両面テープシール等が付属しています。

使い終わったら、丸めてまた筒ケースの中へ収納すれば簡単・綺麗に持ち運べます。
「どこでもシート」はW600mm×20m巻きのロールされたシートが箱の中に入っています。
800mmごとにミシン目が入っており簡単にカット出来ます。
最長20m×60cmのホワイトボードにもなります。
ミシン目にこだわらなければ、好きな長さでカットできます。
(長くなると貼るときに苦労しますが・・・)

さあ、あなたはどちらをお求めになりますか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ