単一形アルカリ乾電池の緊急販売

単一形アルカリ乾電池の緊急販売

あの東北関東大震災以来、単一形乾電池の在庫が市場から無くなってしまいました。
当店においても震災直後に、被災地や関東方面の親戚・知人へ送るためにと、買い占め騒動が勃発してあっという間に売り切れてしまいました。
最近は、単一形の乾電池を使う機器が少なくなり、どこの販売店にも多く在庫を置いていなかったため、震災後、2日間で市場の在庫が完売してしまったらしいのです。

地元のお客様が、 「ガスレンジの電池が切れた」 「噴霧器用乾電池はないのか?」 「懐中電灯に入れる乾電池はないですか?」 と来店されても、 「申し訳ございません、震災の影響で、売り切れてしまい、入荷の目処が立ちません」とお断りしなければならない始末。

そこで、懸命にさがしたところ、日本のメーカー製ではありませんが、米国メーカー製の乾電池を探し当てました。

むむ!パッケージのメーカー名:DURACELLの 下にハングル文字が・・・・乾電池にはmade in USAの文字が。 使用推奨期限:2017年となっていますので、買い置きしておいても問題ありません。
裏面の説明書きが全てハングル文字(>_<)店長は韓流ブームに乗っかってこなかったので 全く読めません(T_T)どうも、韓国国内で流通しているバージョンらしく 商社さんが緊急輸入したものらしい。製造年月日は2011年1月となっています。
外箱にもハングル文字
ご覧の通り、2P×10P=20本が1箱に入っています

欧米での、DURACELL社製乾電池シェアは相当なものらしいです。
そういえば、海外生産の電気製品に入っている乾電池は、このDURACELLブランドの乾電池が多いです。
国内メーカーの単一乾電池が順調に入荷するまでは、この乾電池にがんばってもらわないといけません。
しばらくは調達できそうなので、地元以外でも必要とされている方へお分けしようと思います。
必要な方はこちらでお求め下さい。
2P×10P=20本(1箱)単位での販売になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年4月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:店長日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ